炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)

炎症性腸疾患とは

患者数は年々増えています

大腸および小腸の粘膜に、慢性の炎症や潰瘍をひきおこす疾患の総称を「炎症性腸疾患」と呼びます。炎症性腸疾患の代表的なものは「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」の2つです。これらは、長期間に複雑な経過をたどるので、病期や患者さんの生活習慣に応じた治療が必要となります。

 

どちらの病気も、現在のところ根治させる治療方法が確立していません。そのため、厚生労働省によって「難病」に指定されており、医療費の一部または全部について、公費助成を受けることができます。

 

当院では、炎症性腸疾患を専門にしているドクターが治療に当たっております。気になる症状がある方は、遠慮なくご相談ください。

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらん(ただれ)や潰瘍などの炎症が生じ、下痢・軟便・血便・腹痛などが繰り返し起こる病気です。症状が悪化すると、体重減少や発熱などの全身症状が起こることもあります。

 

比較的若い層(男性20~24歳、女性25~29歳)に多く見られ、男女比は半々くらいです。原因ははっきりとはわかっていません。

クローン病とは

クローン病は、小腸や大腸などの腸管壁に炎症や潰瘍などができる、慢性の炎症性疾患です。クローン病の発症する年齢も若年層(男性20~24歳、女性15~20歳)が多く、男女比は2:1で、男性に多く見られます。

 

主な自覚症状として、腹部全体の痛み・下痢・血便があげられます。発熱したり消化吸収能力が落ちたりすると、体重の減少なども起こります。長期間にわたって、良い状態と悪い状態を繰り返し、症状が徐々に進行します。

検査方法

内視鏡検査を行い、組織を採取して診断します。

治療方法

当院では以下の治療方法を実施しております。潰瘍性大腸炎とクローン病では治療方法が異なりますので、詳しくは当院スタッフまでお問い合わせください。入院治療を要する際は、近隣の大学病院や基幹病院を紹介しております。

治療法   使用薬剤 当院で実施の有無
栄養療法 経口栄養剤 エレンタール
内服加療 5ASA製剤 ペンタサ アサコール リアルダ サラゾピリン
ステロイド プレドニン ゼンタコート
免疫抑制剤 イムラン アザニン
プログラフ x
局所療法 5ASA製剤 ペンタサ注腸 ペンタサ坐剤
ステロイド プレドネマ レクタブル
透析療法   白血球除去療法 好中球除去療法 x
注射療法 抗体製剤 ヒュミラ

レミケード 

シンポニー

導入予定
ステラーラ x
手術療法     x

何でも相談できる「かかりつけ医」として

消化器のなやみを抱えておられる方は、ぜひ当院までご相談ください。

  • tel_0459433377.png
staff staff blog