ピロリ菌検査

ピロリ菌とは

放っておくと、胃潰瘍や胃がんの原因となることも

ピロリ菌は人の胃の粘膜に生息する細菌で、日本人の2人に1人が感染していると言われています。

 

ピロリ菌は、慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がん・胃MALTリンパ腫・胃ポリープなど、さまざまな疾患の原因になることがわかっています。ピロリ菌に感染している場合は、すみやかに除菌することで、これらの疾患の予防をしていきます。

ピロリ菌の検査方法

ピロリ菌の検査は、以下の疾患に該当する方のみ、保険が適用となります。これらに当てはまらない方は、全額自費となります。

  • 早期胃がん(内視鏡治療後の場合)
  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍(治療中か、治療経験がある場合)
  • ピロリ菌が原因の慢性胃炎(内視鏡検査で診断された場合)
  • 胃MALTリンパ腫
  • 特発性血小板減少性紫斑病

ピロリ菌に感染しているかどうかの検査

上部内視鏡を使用して、直接胃の内部を観察し、組織を採取して診断します。診断方法は以下の通りです。当院では、主に「迅速ウレアーゼ法」を実施しております。

迅速ウレアーゼ法

ピロリ菌が持つ酵素「ウレアーゼ」のはたらきで作られる、 アンモニアの有無を調べます。

 

培養法

ピロリ菌を培養します。

 

組織鏡検法

顕微鏡で、 ピロリ菌がいるかどうかを調べます。

除菌できたかどうかの検査

除菌できたかどうかは、内視鏡を使わず、以下の方法で検査を行います。当院では、主に「尿素呼気試験法」を実施しております。

尿素呼気試験法

呼気を採取して調べる方法です。ピロリ菌が持つウレアーゼのはたらきによって作られる、二酸化炭素の量を調べます。

 

 

ピロリ菌の除菌方法

ピロリ菌の除菌は、内服薬を服用して行います。

一次除菌

2種類の抗生剤・胃酸を抑えるお薬、この3種類の薬を1日2回、1週間続けて飲みます。服用が終了して約1ヵ月後に、除菌ができているかを検査します。


一次除菌だけで、約70~80%の確率で除菌が成功する、と言われています。

 

二次除菌

一次除菌で除菌ができなかった場合は、お薬を変えて、再度1週間服用してもらいます。約1ヵ月後に、再度除菌できているかを判定します。これで約90%の患者さんが除菌に成功します。


保険が適用されるのは、二次除菌までとなります。二次除菌でも除菌ができなかった方・お薬のアレルギーのある方は、当院スタッフまでご相談ください。

※当院では保険適応外となりますが、三次除菌や抗生剤アレルギーのある方の除菌も行っておりますので、ご相談ください。

何でも相談できる「かかりつけ医」として

消化器のなやみを抱えておられる方は、ぜひ当院までご相談ください。

  • tel_0459433377.png
staff staff blog