ブログ

2018.10.18更新

今夜の研究会はクローン病。

炎症性腸疾患の研究会では潰瘍性大腸炎をお題にしたものが多い中、久しぶりのクローン病の研究会でした。

しかし、残念ながら、当院もありがたいことに患者数が増加し、なかなか19時には終了できません。今回も19時45分までの症例報告は拝聴することができませんでした。しかも会場を間違えてしまい、ホテルキャメロットジャパンに向かうはずが、ベイシェラトンに行ってしまうという失態!ギリギリ特別講演に間に合いました。

今日のご講演は東京慈恵会医科大学消化器・肝臓内科主任教授の猿田雅之先生。ご高名な先生ですが、これまでなかなかお話を聞く機会に恵まれませんでした。内容としてはステラーラのお話でした。

個人的にステラーラを使用する患者さんが増えてきており、ご高名な先生方がどの様に使用しているか気になるところでしたので大変参考になりました。

今回のご講演で一番参考になったのは、ステラーラの投与期間です。12週間隔で投与が基本ですが、効果が乏しい場合は8週間隔での投与も許されている薬です。自験例ではほぼ全例8週間隔での投与となってしまっており、他の先生方がどのように使用されているかが気になりましたが、多くの先生が8週間隔で投与されているのを聞き少し安心しました。今後IFX(レミケードもしくはIFXバイオシミラー)に先行しUST(ステラーラ)を使用した論文が出てくることになるということで、興味が持てます。

またIFXに比べ、USTは効きが遅い印象がありましたが、猿田先生の明快な説明で頭がクリアになりました。実際に腸管に症状を起こしているTNFαを抑制するのがIFX、そのおおもとのIL12を抑えるのがUST。末梢に出てしまったTNFαを抑えるIFXの方が効果が早いのは当然で、おおもとをたつUSTは徐々にしかTNFαが減って来ない。雑な例えになるかもしれませんが、穴の空いたバケツから床に水が漏れ出しているときに床の水を拭き取るのがIFX、バケツを修理するのがUSTといった印象でしょうか?しかし、一度寛解に持ち込むとUSTの方が理にかなった印象があります。エビデンスのない勝手な妄想ですが、IFXで寛解に持ち込んだ後にUSTで寛解維持を行なったらすごく良いのではないかと考えてしまいました。ま、寛解導入した患者様にあえてUSTを使う必要はないか…。

余談ですが、欧米の学会でクローン病にメサラジンを使用しても意味がないと言われ、猿田先生が欧米の専門家と論議したお話は大変興味深いものでした。確かに腸管に全層性に生ずる疾患の粘膜だけにメサラジンを塗りつけても意味があるのかという欧米の考え方もよく理解はできますが、実際CDの患者様に使用して効果があるのも事実です…。実際のところはどうなんでしょう?

この他にもみっちり1時間、これまでのクローン病治療やクローン病の基礎知識をわかりやすい解説で拝聴することができました。

17kcd

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

2018.10.10更新

今日はいつもの炎症性腸疾患の研究会とは趣を変え食道の勉強をしてきました。

食道胃接合部の内視鏡診断と題した研究会でした。

食道アカラシア、食道裂孔ヘルニア、バレット食道及びバレット食道がんについて様々な症例提示を拝見しながら、知識の整理をさせていただけました。

食道胃接合部は意識下での内視鏡では患者さまに吸気していただくことでよく観察できるのですが、最近は当院でも鎮静剤をご希望される方が多いので綺麗に内視鏡画面に収めることが難しくなっていると思います。その中でもどのように観察し的確な診断を下していけるかが我々内視鏡専門医の腕の見せ所になるのかなとも思いました。しかし、クリニックでの内視鏡は正確さももちろんなのですが、どれだけ楽に検査を受けていただけるかも必要な要素です。この相反する問題をうまく解決しながら、日々の内視鏡に取り組んで行きたいと思います。

 

198nik

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

2018.10.03更新

2018年10月3日をもちまして当院も開院2周年を迎えることとなりました。

あっという間の2年間でしたが、地域の皆さま、周辺の医療機関の先生がたに支えられながらここまできました。

開院当初は色々と不具合もあり患者さまにはご迷惑をおかけしたことと思います。2年が経ってようやくシステムも機能してきました。

スタッフも少ない人数ながら本当に一生懸命頑張ってくれました。

これから3年目に突入し、より一層地域医療を盛り上げて行く所存ですので、これからも何卒よろしくお願いいたします。

昨日、スタッフの慰労も兼ねささやかながら食事会を催しました。

信頼できるスタッフ達とこれからも頑張って行きます!

2syuunenn

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

何でも相談できる「かかりつけ医」として

消化器のなやみを抱えておられる方は、ぜひ当院までご相談ください。

  • tel_0459433377.png
staff staff blog