ブログ

2018.07.25更新

今日は久々の都内での研究会。

水天宮近くのロイヤルパークホテル。

水天宮には我が子の時にも安産祈願に行きましたが、当クリニックのスタッフが懐妊した際にも安産祈願に行ってまいりました。先日、無事に出産したとの報告を受け、お礼をしながら会場に向かいました。

今回の会は324名ものIBD診療に関わる先生方が集まる大きな会でした。アンサーパットを用いる会なので多くの先生の治療方針の傾向も知ることができる良い会でした。

最近はゼルヤンツやエンタイビオの登場でますます治療の幅が広がってきたこの分野ですが、今回の御講演は東北大学の角田洋一先生のチオプリン製剤に関するお話。角田先生の御講演は先日若手IBDの少人数の会でお聞きしたので2度目の内容になります。今回も「アザチオプリン治療におけるNUDT15遺伝子検査の意義とその課題」という演題でした。我々が日常臨床でよく使うイムランやアザニンの副作用のお話です。開業医にとってはどう上手に5ASA製剤とチオプリン製剤でコントロールするかは腕の見せ所だと思います。その際にチオプリン製剤の副作用が出てきてしまうと治療手段が限られてしまいます。チオプリンの容量依存性の副作用としては白血球減少、感染、肝機能障害等があり、容量日依存性の膵炎、倦怠感、発赤、肝機能障害がありますが、アジア人に多いとされる白血球減少、脱毛、消化器症状は容量依存性の副作用であり、NUDT15遺伝子検査で予知できるといいうことです。この検査は遺伝子検査なので一生に一度受ければよく、保険での検査も将来的に可能になるとのことで、今後普及が望まれます。

次に慶應義塾大学の長沼誠先生の「UC治療における治療目標と達成の意義」というお話です。UC治療の効果判定は毎回内視鏡で粘膜を確認できると正確な評価となりますが、実際にはそんなに毎回大腸内視鏡をすることはできません。そのため多くの先生が簡易的メイヨースコアーで見ているとのことでした。便中カルプロテクチン検査が保険内でできるようになってから、他の医療機関も頻回に使っているのかと思いきややはりまだ浸透はしていないようです。3ヶ月に1度しか計測できない点、結果がすぐに出ない点、何よりも患者さんが便を大きめに提出するということに対する嫌悪感等で当クリニックでもあまり行われていません。中には便潜血量でフォローされている先生もいらっしゃり参考になりました。当クリニックでは当面今まで通り内視鏡と簡易的メイヨースコアーでのフォローが続きそうです。

今回の両講演は基本的治療方法をより掘り下げた内容で大変興味深い内容でした。IBDJKK

 

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

2018.07.18更新

今日は通い慣れた街、武蔵小杉での講演会でした。

武蔵小杉は大学の教養課程2年間を過ごし、医者になってから17年間通勤した愛着のある街です。

教養課程に通っていた25年前に比べると様変わりしてしまいました。

さて、今回の講演会は聖マリアンナ医科大学病院消化器・肝臓内科の山下真幸先生の「潰瘍性大腸炎にたいする5ASA optimization」というお題でした。昨今、抗体製剤等の高価な薬が出回っている中、基本中の基本の薬剤ですが奥が深い薬剤です。先生のご講演では5ASA製剤の上手な使い方、5ASA不耐等に関すること等大変日常臨床に役に立つお話でした。特に私のようにクリニックでIBD診療を行う医師にとっては5ASAをうまく使いこなすことが鍵だと思っています。講演でも述べられていましたが、5ASAのみで潰瘍性大腸炎の8割近くは診療できるとのことです。これからもペンタサ、アサコール、リアルダをうまく使いこなし多くの潰瘍性大腸炎患者さんのお役に立てればと思っております。

今回の会のクロージングリマークスいわゆる閉会の辞は私の師匠の鈴木英之先生でした。久しぶりにお話しすることができ嬉しかったです。普段は消化器外科、主に大腸外科の先生なのですが、IBD診療にもかなり力を入れておりいつも相談に乗ってくださる先生です。ありがたし!

 

kosugi

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

2018.07.11更新

本日は横浜消化器内視鏡医会主催の集談会に参加してまいりました。

本日の講演は癌研有明病院上部消化管内科の平澤俊明先生。

演題は「知っておきたい!胃のめずらしい悪性腫瘍」でした。

日常診療では胃癌の一般型はよく遭遇するのですが、特殊型はなかなか遭遇することがありません。しかし、いざそのめずらしい特殊型胃癌に遭遇した時にもしっかりと診断力を高めておきたいものです。胃がん取扱規約が第15版には特殊型には退治消化管類似癌や肝様腺癌などが入ってきておりますが、実際にはなかなか遭遇することはありません。それらをきれいな内視鏡写真とともに拝見でき大変勉強になりました。特に日本ではカルチノイド腫瘍として知られている特殊型胃癌と欧米の神経内分泌腫瘍の概念との相違を御丁寧に説明してくださったおかげで、改めて頭の中のきれいに整理ができました。

平澤先生より毎週送られてくる内視鏡の興味深い症例のメーリングリストにも参加させていたける様になりましたので、今後も診断力をさらにあげて行くよう日々努力を続けていきます。

y

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

2018.07.01更新

日曜日のお休みの日ですが、ヒュミラ10周年記念講演会に行ってまいりました。

ヒュミラは消化器疾患だけでなく眼科疾患、皮膚科疾患、リウマチ疾患等の自己免疫に関わる疾患に使われているため、炎症性腸疾患治療に関わる医師以外にも多くの診療科の先生の集まる会でした。

今回は記念講演会とあり御高名な先生方の講演でしたが、中でも兵庫医科大学中村志郎先生や福岡大学筑紫病院の平井郁仁先生のハイボリュームセンターの先生方のお話が聞け有意義な講演会でした。

しかし、前日のアルゼンチン対フランス戦のおかげでやや頭がぼーっとしておりました。もっとクリアな頭で聞きたい講演会でした。

 

それにしても東京プリンスホテルが大変きれいに生まれ変わっていたびっくりしました。

bid

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

何でも相談できる「かかりつけ医」として

消化器のなやみを抱えておられる方は、ぜひ当院までご相談ください。

  • tel_0459433377.png
staff staff blog