ブログ

2018.11.30更新

さーて、炎症性腸疾患ウィークもいよいよ第4弾!

疲れもピーク、さらに月末でもありレセプトも気になる。行くか行かぬか迷った結果、やはり吉田先生の講演は聞きたいと、診療後すぐに講演会場へ直行!なんとか開始時間に間に合いました。

今回は内科系1題と外科系1題のご講演。内科系は吉田先生の「UCにおける内視鏡治療と外科治療の役割」、外科系は横浜市立市民病院の辰巳先生の「外科治療の現場」という内容でした。

吉田先生のご講演では大船中央病院の診療体制のご紹介がありました。上野先生、遠藤先生、吉田先生の内科のイメージの強い大船中央病院ですが、外科や病理にも大御所の先生達がいらっしゃいました。大船中央病院の層の厚さを伺えました。こんな層の厚い先生方がチームを組みIBD診療に診療に当たれば非常に質の高いIBD診療ができるんだなと思いました。しかし、大船中央病院の強みはその層の厚さだけではなく個々の先生が真摯にIBDに向き合っていらっしゃることの方が大きいのかもしれません。吉田先生がよくご講演でお話しされるShared Dicision Makingのお話が今日も登場しました。あの診療スタイルはいつも見習わなければならないと考えさせられます。最近よく潰瘍性大腸炎のフォローアップになにを用いるべきかとの議論が出ます。内視鏡で毎回毎回確認する先生もいます。便中カルプロテクチンを利用する先生もいるでしょう。しかしなによりもあそこまで患者に寄り添った問診こそが一番患者様の病状を聞き出し病態を把握するのに役立っているのではないかと思いました。一度吉田先生の外来を見学してみたいものです。

さて、余談ですが、先の大船中央病院のチームの紹介で外科メンバーに見たことのある先生の名前がありました。安部仁先生!!今日も会場にいらしておりました。安部先生は私とともに埼玉県立がんセンターで共に来る日も来る日も手術に明け暮れ、合宿のような日々を2年間を一緒に過ごした先生です。真船先生にお声をかけられて大船中央病院に赴任されたとのことです。今後もたまにお会いでき、IBDの外科のお話を聞かせてもらえれば幸いです。

話は戻りますが、2題目の演題は市民病院の辰巳先生。市民病院は言わずと知れた炎症性腸疾患の外科治療に強い病院です。わたくしも元大腸外科医ですので炎症性腸疾患の手術の困難さは知っているつもりですが。市民病院ではさらに状態の悪い炎症性腸疾患の患者様や相当量のステロイドが入った患者様の手術を手がけられ、その困難さは相当なものだと思います。提示された合併症の多さがそれを物語っておりますが、市民病院だからこそその数字で押さえられているのだと思います。一度合併症が起これば救命のためにその管理に追われるでしょう。本当に頭がさがる思いです。市民病院には今後も横浜の炎症性腸疾患の最後の砦であっていただきたいと思います。

クリニックの残務もあるので懇親会には参加せずに帰ろうと思いましたが、吉田先生や安部先生と話が弾み、クリニックに戻ったのは23時を回っておりました。そこから猛ダッシュで残務とレセプトを片付け、ようやく慌ただしい1日が終わりました。そして無事にIBDウィークが終わりました。

来週は別の過酷な1週間が始まります。

月曜日:横浜市北部夜間救急当番(都筑区センター北)

木曜日:横浜市夜間救急当番(中区桜木町)

日曜日:都筑区休日診療当番(都筑区センター北)

来週は救急医療ウィークです。当院かかりつけの患者様で調子が悪い方は、上記診療所もぜひご利用ください。

yokohamaminami UC

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

何でも相談できる「かかりつけ医」として

消化器のなやみを抱えておられる方は、ぜひ当院までご相談ください。

  • tel_0459433377.png
staff staff blog