ブログ

2018.11.10更新

今年も災害医療対策訓練に参加してまいりました。

この災害医療対策訓練は都筑区役所、都筑警察署、都筑消防署、昭和大学横浜市北部病院、都筑区医師会、都筑区歯科医師会、都筑区薬剤師会等が合同で行う本格的な災害時の防災訓練です。起こってほしくはない災害ですが、いざという時のために各機関が真剣に取り組んでおります。私は今回はトリアージの役を行わせていただきました。災害時に多くの被災者が殺到したという想定で行われたくんれんですので、模擬患者がものすごいペースで搬送されてきます。その模擬患者をスピーディーにトリアージしていくのはやや慣れが必要と思われます。毎年参加し、これらの技術を上げていきたいともいます。この技術を活用する日が来ないことを祈っていますが…。それにしても今年の模擬患者はものすごくリアルでした。

都筑区在住の方に知ってほしい知識です。まず一つは都筑区と青葉区は横浜市の中でも地盤が強い地域です。それに対し横浜市中心部とされる地域は地盤が緩く被害が大きいことが予想されます。そのため、被災者が一気に横浜市北部に移動し、消防や救急は中心部に向かいます。これらの混乱に対する対策が必要と思われます。また、消防は災害発生と同時に救急隊に出動中止を発令し、消防による火災対策に専念するため災害初期は救急車は動きません。普段からこれらのことを頭に入れて防災対策をしておくことが重要と思われます。

bk2 BK4

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

何でも相談できる「かかりつけ医」として

消化器のなやみを抱えておられる方は、ぜひ当院までご相談ください。

  • tel_0459433377.png
staff staff blog