ブログ

2018.08.31更新

今日は横浜市立市民病院炎症性腸疾患科による炎症性腸疾患の病診連携の会でした。

最近増加傾向にある炎症性腸疾患は、大病院では飽和状態にあると同時にクリニックでも増加の一途をたどっています。

当クリニックも開院し間も無く2年目に入るところですが、潰瘍性大腸炎の患者様が既に60人を超えてきました。転医を除いた新規の患者様だけでも40人を超えています。これからどれだけ増えていくんでしょう?

そこで大事なのは病診連携です。重症例や寛解導入困難症例は大病院で治療を行い、中等症や軽症例はクリニックで治療を行う。その病診連携が取れていれば理想的です。しかし実際にはなかなかうまく行きません。当院は幸い昭和大学横浜市北部病院の小形先生や昭和大学藤が丘病院の黒木先生のご好意により比較的バックアップを含めた病診連携が取れたクリニックだと思います。

今回の会ではどちらかというと外科の色合いが強い横浜市立市民病院が主催です。会の二部にあたるディスカッションで開業医と大病院の間で様々な意見が交わされると思いきや、残念ながら盛んなディスカッションは全くありませんでした。企画自体は非常に面白かったので残念でならない会でした。

今後もこのような会を重ねて行き、実臨床に沿ったIBDの病診連携が成熟していくよう願っています。

また横浜市の北部地域でもこのような会が行われることを希望しております。IBDrennkei

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

何でも相談できる「かかりつけ医」として

消化器のなやみを抱えておられる方は、ぜひ当院までご相談ください。

  • tel_0459433377.png
staff staff blog