ブログ

2018.07.18更新

今日は通い慣れた街、武蔵小杉での講演会でした。

武蔵小杉は大学の教養課程2年間を過ごし、医者になってから17年間通勤した愛着のある街です。

教養課程に通っていた25年前に比べると様変わりしてしまいました。

さて、今回の講演会は聖マリアンナ医科大学病院消化器・肝臓内科の山下真幸先生の「潰瘍性大腸炎にたいする5ASA optimization」というお題でした。昨今、抗体製剤等の高価な薬が出回っている中、基本中の基本の薬剤ですが奥が深い薬剤です。先生のご講演では5ASA製剤の上手な使い方、5ASA不耐等に関すること等大変日常臨床に役に立つお話でした。特に私のようにクリニックでIBD診療を行う医師にとっては5ASAをうまく使いこなすことが鍵だと思っています。講演でも述べられていましたが、5ASAのみで潰瘍性大腸炎の8割近くは診療できるとのことです。これからもペンタサ、アサコール、リアルダをうまく使いこなし多くの潰瘍性大腸炎患者さんのお役に立てればと思っております。

今回の会のクロージングリマークスいわゆる閉会の辞は私の師匠の鈴木英之先生でした。久しぶりにお話しすることができ嬉しかったです。普段は消化器外科、主に大腸外科の先生なのですが、IBD診療にもかなり力を入れておりいつも相談に乗ってくださる先生です。ありがたし!

 

kosugi

投稿者: 仲町台駅前まつのぶクリニック

何でも相談できる「かかりつけ医」として

消化器のなやみを抱えておられる方は、ぜひ当院までご相談ください。

  • tel_0459433377.png
staff staff blog